プログラマー技術調査室

うだつのあがらないプログラマーが技術調査結果を掲載するブログです。

ファイルをiCloudバックアップ対象外にする

この記事が最初の技術ネタという事で、テストがてら簡単なネタを。
言語はswiftです。

アプリで作成したファイルは基本的にiCloudのバックアップ対象になりますが、重要な情報を保存しているファイルなんかは端末の外に出したくないですよね。

そんな時はNSURLクラスのsetResourceValueメソッドiCloudバックアップ対象外に設定変更できます。

let filePath: String = "ファイルパス"
let fileUrl: NSURL = NSURL.fileURLWithPath(filePath)
do {
    try fileUrl.setResourceValue(true, forKey: NSURLIsExcludedFromBackupKey)
} catch {
    // エラー処理
}

やり方は以上なのですが、これ実際にバックアップされないかどうか確認の仕方がわからないんですよね(^^;

適当ですみません、多分大丈夫だと思いますので。